プライムイングリッシュって最近やたらとよく目にします。

 

この間たまたま見ていた

 

「世界一受けたい授業」に

 

監修者のサマー先生が出演されてました~♪

 

プライムイングリッシュは

 

英会話教材の中では販売が最近なので

 

いろんな教材のいいとこ取りで

 

メソッドも効果ありそうな感じがするのだけど・・・

 

HPのキャッチコピー

 

”6ヶ月後には、口から英語が溢れ出す!”

 

というのにそそられますね~。

 

本当にそれだけの英語力が身に付くのでしょうか?

 

まだまだ口コミ自体は少ないのですが

 

いろんなサイトを調べまくって集めてみました。

 

プライムイングリッシュの口コミをチェック!

 

毎日1時間、プライムイングリッシュで学習しました。
日常会話程度ならネイティブともなんとかできるようになりました

 

登場人物になりきって練習するのがスゴく楽しいし効果的。
感情を込めて言うことで通常よりもしっかり自分の中に入ってくるし覚えられる。
また、発音はかなりよくなったと実感。

 

英文にカタカナで読み方が書いてあるのが助かった。
書いてある通りに言ってみた方が発音しやすい。
自分が英語がうまくなったような気がします。

 

最初は6ヶ月もかかるのか、と思ったが
実際にやってみると1つのスキットを1週間かけてこれでもかというくらい練習するので、6ヶ月かかるというのには納得。
リスニングもスピーキングも発音もしっかり練習できると思う。
1週間後にはリスニング力もスピーキング力もかなり上がっているのを実感できた
聞き流すだけというのとは真逆の教材。
でも、こっちの方が確実に英語をものにできると感じる。

 

今まで私が使ったことのある教材は、CDのあといちいち止めてリピートしないといけなかったんですが、プライムイングリッシュはちゃんと間がとってあるのでCDを止める必要がないのが良いです。煩わしさがない分、ちゃんと集中できます。

 

発音練習のページには「なりきりポイント」という発音のポイントが書いてあります。
これがけっこうわかりやすい。
あ~なるほどね、だからそういう発音になるんだ、と納得できることが多いです。
これだけでも何だか得した気分になります。

 

概ね好意的な口コミが多いです。

 

特に、リスニング力やスピーキング力がつくと

 

実感している人も多く

 

プライムイングリッシュ側の狙い通りですね。

 

ここはちょっと・・・

 

という口コミもありましたので参考までに。

 

テキストの英文にカタカナがふってあるのには、え?いいの?という気がしました。
中学の時、英語の教科書にカナカナで発音を書き込もうとしたら先生怒られたので、こういうのは発音的にダメなことなのだと思っていました。だからカタカナ表記にはちょっと抵抗があるかな~。
カタカナを見ているとそっちに頼り切りになりそうな気がするので私は極力見ないようにしています。

 

文法に関して説明がないのが残念。

 

カタカナ表記に関しては賛否両論あるみたいですね。

 

ちなみに私もカタカナでふりがなを付けるのを

 

先生にやめろと言われたクチです。

 

発音を確認する程度ならいいけれど

 

そればっか見て英文を言うのは良くないかなと思います。

 

文法事項も・・・

 

うーん、難しいところですよね。

 

文法事項を理解しないと応用もきかないような気がしますが

 

まずは英語の発音に慣れたりリズムをつかむ

 

というところにスポットを当てるのは

 

初心者向けとしてはアリかな~

 

と思います、私は。

 

ここはダメでしょ!

というのがほぼ見つからないですね。

 

真剣にやれば

 

6ヶ月後には口から英語が溢れ出ないまでも

 

今までよりももっとスムーズに

 

英語を口にすることができるんじゃないでしょうか。

 

英会話学習初心者にとっては非常にうれしい教材ですね。

 

プライムイングリッシュの公式サイトを見る